ウールリッチ新CEO、「ヴァンズ」出身のステファノ・サッコーネに決定

 ウールリッチ インターナショナル(Woolrich International)が、新CEOにステファノ・サッコーネ(Stefano Saccone)を起用した。米VFコープ(VF Corp)の「ヴァンズ(Vans)」EMEA地域ヴァイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを務めていた人物で、パオロ・コリナルデージ(Paolo Corinaldesi)CEOの後継となる。

Woolrich

 この夏就任する新CEOは、北米、アジア、イギリス、フランスといった主要マーケットでのブランド拡大と共に、デジタルへのアプローチとオムニチャネル化戦略を推し進めていく予定だ。
 
 ウールリッチ社に関しては、ルクセンブルクを拠点にしたリヒテンシュタイン公室系投資ファンドL-Gamが過半数株を所有しているほか、持ち株を買い増ししたゴールドウィンも戦略的提携を結んでいる。
 
 より国際的な展開を目指すなか、歌手リアーナ(Rihanna)のスタイリストとして知られるメル・オッテンバーグ(Mel Ottenberg)をコンサルタントとして迎えたり、ロゴを刷新したりと様々な施策も行ってきた。
 
 サッコーネ次期CEOは「引き続きブランドのグローバルな展開拡大に取り組み、特にアメリカにおけるリポジショニング戦略に注力していく」という。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェア人事
新規登録