×
掲載日
2019/11/18
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

エスティ ローダー、韓国コスメ「Dr. Jart+」展開のHave & Beを完全子会社化

掲載日
2019/11/18

 エスティローダー社(Estée Lauder Companies)が、コスメブランド「Dr. Jart+」を展開する韓国のHave & Be Co. Ltd(以下、Have & Be社)を完全子会社化する。

Dr. Jart+


 アジア太平洋、北米、イギリス、そしてトラベルリテールを強化するという戦略の一環で、グループとしては初のアジア企業買収となる。
 
 2015年にHave & Be社に少数株主として出資を始めたエスティ ローダー。そこから「Dr. Jart+」は大きく成長し、今年度の売上高は5億ドル(約542億8700万円)を超える勢いだという。特にアジアとアメリカのミレニアル世代による消費が後押しした。現在、同ブランドは世界35か国で販売されている。

 エスティ ローダーによると、Have & Be社の市場価値は17億ドル(約1845億7500万円)。同社は「Dr. Jart+」の他にも、メンズコスメ「Do The Right Thing」を展開する。
 
 「『Dr. Jart+.』の起業家精神とクリエイティビティは、エスティ ローダーにぴったり合致する」とウィリアム・ローダー(William Lauder)会長。「消費者がスキンケアを重視し始めており、このカテゴリは世界的に急速な成長を続けている。『Dr. Jart+』のように科学に基づいた先鋭的なブランドの影響は非常に大きい」。
 
 Have&Be創業者兼CEOのChinWook Leeも、「エスティ ローダーは我々のブランドにとって理想的な親会社です。4年前にパートナーシップを締結して以来、最高のスキンケアとビューティプロダクトを世界中のお客様に届けるという我が社の理念を共有してきました。このパートナーシップを継続し、革新と国際的な成長を続けられることを嬉しく思います」とコメントしている。
 

(2019年11月18日現在、1米ドル=109円で換算)
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com