×
587
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

エラルド・ポレット元フェラガモCEOが「スチュアート・ワイツマン」のトップに

掲載日
today 2018/04/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 タペストリー(Tapestry)が、元サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)CEOのエラルド・ポレット(Eraldo Poletto)を「スチュアート・ワイツマン(Stuart Weitzman)」のブランドプレジデントに起用した。わずか1年半で退任したウェンディ・カーン(Wendy Kahn)の後継となる。

Eraldo Poletto - Archive


 エラルド・ポレットはブランドのグローバルな事業を統括し、タペストリーのヴィクター・ルイス(Victor Luis)CEOにリポートする。「スチュアート・ワイツマン」のクリエイティブディレクター、ジョヴァンニ・モレッリ(Giovanni Morelli)とも密に連携を取っていくという。
 
 今年2月にサルヴァトーレ・フェラガモCEOを退任したエラルド・ポレット。2010年から5年間はフルラ(Furla)のトップを務め、ブランドの国外発展に貢献した。

 「『スチュアート・ワイツマン』は、ジョヴァンニ・モレッリの初コレクションを控え、さらに北中国事業の買い戻しも果たしており、ブランド拡大において重要な局面を迎えている」とタペストリーのヴィクター・ルイスCEO。「チームを纏め上げ、全てのファッションカテゴリにおいて国外展開を拡大させた功績がある」とポレット氏を評価している。
 
 エラルド・ポレットは4月30日付で着任する予定だという。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com