×
By
AFP
掲載日
2019/04/25
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

エルメス、第1四半期は中国好調で加速

By
AFP
掲載日
2019/04/25

 エルメス(Hermès)の2019年度第1四半期(1-3月)業績は、売上高が16億ユーロ(約1991億8500万円)を記録。バッグ事業および中国市場が好調でけん引した。


 報告ベースでの増収率は16%、オーガニックグロースは12%と、前2四半期の9.6%と比べると加速を見せている。
 
 「コレクションに対する顧客の反応も良く、第1四半期は成長が加速することになった。この傾向は続いており、特に中国で著しい」とアクセル・デュマ(Axel Dumas)会長。

 エリック・デュ・アルグエ(Eric du Halgouët)財務責任者は、「非常に堅調な伸びを記録しており、その傾向が途切れることはない」と改めて強調し、「すべての地域で非常に健全な成長があった」と補完している。
 
 地域別に見ると、日本を除くアジアは17%の増収で、「中国本土がけん引して大きな伸びを記録した。また、すべての国で2桁台の成長となった」という。中国での旧正月の売上げが特に好調だったほか、グレーターチャイナでも2桁台の増収を計上した。
 
 日本と米州では10%の増収だった。
 
 フランス以外のヨーロッパも売上高は9.5%増となったが、「黄色いベスト運動」に打撃を受けたフランスではほぼ横ばいの1%増にとどまった。
 
 カテゴリでは、主力事業であるレザーグッズ・馬具部門が12.5%の増収となった。


(2019年4月25日現在、1ユーロ=124円で換算)

無断複製・無断転載禁止
© 2021 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。