オズワルド ボーテングでデザイン担当、池田めぐみが新ブランド「パラキート」立ち上げ

 「オズワルド ボーテング(Ozwald Boateng)」でデザインを担当していた池田めぐみが手掛けるウィメンズブランド「パラキート(Parakeet)」がデビューした。

画像: Takashi Kamei (W)

 池田めぐみはサヴィル・ロウ アカデミー(Savile Row Academy)でテーラリングを学んだ後、「ジバンシィ(Givenchy)」のメンズウエアライン初代クリエイティブディレクターを務めたオズワルド・ボーテング(Ozwald Boateng)が手掛ける「オズワルド ボーテング」にデザイナーとして就職し経験を積んだ。パラキートでは「着る人を引き立てる道具としての衣服」という考えのもと、現代の簡略化されたものづくりの中で衰退しているディテールや手作業を追求。普遍的でありながら高品質な定番アイテムを展開していくという。
 
 デビューとなる2018年秋冬コレクションでは、毛芯を使用しハ刺しで止め立体的に仕上げたジャケット2型と、1970年代のリーバイス 66から着想を得て製作したデニムパンツ2型を発表。価格はジャケットが各15万8,800円、デニムパンツが2万9,800円と3万8,800円。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアコレクション
新規登録