×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

オニツカタイガー×さんさ裂き織り工房、デニムの廃材をアッパーに使用したシューズが登場

By
fashionsnap
掲載日
today 2018/06/04
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」が、岩手県盛岡市にある幸呼来 Japanが手掛けるブランド「さんさ裂き織り工房」とコラボレーションしたシューズ2型を発売した。価格は各税別1万4,000円で、国内のオニツカタイガー直営店と、オニツカタイガーマガジンオンラインストアで取り扱っている。

オニツカタイガー × さんさ裂き織り工房 - Image: アシックスジャパン


 コラボシューズは、「メキシコ 66(Mexico 66)」と「ジーエスエム(GSM)」の2タイプをベースに製作。アッパーには、製織の際に発生するデニム生地の廃材をメーカーから譲り受け、よこ糸として活用しながら東北の織り子たちによって作られた「裂き織」を採用した。それぞれホワイトや、ブルーをベースにトリコロールカラーをたて糸で表現したタイプの2種類を展開している。


 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.