オノ セイゲンの2作品にフィーチャーしたインスタレーションがコム デ ギャルソン青山店で開催、限定アイテムも

 コム デ ギャルソン青山店でレコーディングエンジニア オノ セイゲンの新作アルバム2作品にフィーチャーしたインスタレーションが4月27日から展開される。


 オノ セイゲンは80年代後半「コム デ ギャルソン(Comme des Garçons)」のショー用の音楽を担当。当時「洋服がきれいに見えて、誰もまだ聴いたことがない音楽を使いたい」というデザイナー 川久保玲の依頼により完成した「コム デ ギャルソン セイゲン オノ」は、ファッション ショーにおける音楽の在り方に一石を投じた。
 
 1987年に発表した作品集の30周年を記念し同時リリースされた「Comme des Garçons Seigen Ono」(CD 4,000円、LP 5,800円)と未発表音源が収録された「CDG Fragmentation」(CD 3,000円、LP 3,800円)は、いずれもオノ自身がリミックス、リマスタリングを手掛けた。2作品ともジャケットデザインはアートディレクターの井上嗣也が担当し、グラフィックに使用された写真は吉田多麻希が撮影している。
 
 会期中、青山店ではジャケットデザインがプリントされたTシャツ(1万3,000円/全て税別)を限定販売し、LP盤を購入者にはLPサイズのトートバッグをノベルティーとして配布する。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨コレクション
新規登録