×
By
fashionsnap
掲載日
2021/03/17
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

オンワード、流行を追わない服を作るD2Cブランド「ONWARD DD」始動

By
fashionsnap
掲載日
2021/03/17

 オンワードホールディングスの子会社であるオンワードデジタルラボが、D2Cプラットフォーム事業「オンワード・デザイン・ダイバーシティ(ONWARD Design Diversity)」を開始した。第1弾のD2Cブランド「オンワード・ディー・ディー(ONWARD DD)」を立ち上げ、3月17日の今日から公式オンラインストアで取り扱っている。

  

 オンワード・デザイン・ダイバーシティは各ブランドに1つの社会課題を設定し、ファッションを提案する試みで、オンワード・ディー・ディーではファッション業界で慢性化している過剰供給の課題に向き合う。ブランドコンセプトに「流行にのれない服」を掲げ、トレンドを追求せず長く着用できるアイテムを展開することで課題解決を目指す。
 デザイナーにはサヤカ・トキモト-デイヴィスを起用。1984年生まれの日本人で、文化服装学院を卒業後、日本のアパレルメーカーでニットデザイナーとして活動し、2009年にニューヨークに拠点を移すとともに「ユナイテッドバンブー(United Bamboo)」のデザインに携わった。2013年から自身の名前を冠したブランド「サヤカ デイヴィス(SAYAKA DAVIS)」を手掛けている。
 オンワード・ディー・ディーのアイテムには天然素材や再生素材を取り入れ、四季折々の美しさを体現するような色彩を用いたミニマルでエフォートレスなスタイルを提案する。価格帯はブラウスが9900〜1万4300円、ニットやカットソーが5500~1万3200円、パンツやスカートが1万1000~1万2100円、ワンピースが9350~1万9800円(いずれも税込)。安易なセール処分を行わない代わりに、比較的手に取りやすい価格設定でアイテムを展開しているという。

■オンワード・ディー・ディー:公式オンラインストア

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.