×
By
fashionsnap
掲載日
2019/02/01
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

カシオ計算機が早期退職者を募集、約200人の応募を想定

By
fashionsnap
掲載日
2019/02/01

 カシオ計算機が、早期退職者優遇制度を実施すると発表した。希望退職者の募集期間は2月12日から3月15日までで、退職日は6月20日を予定している。

「G-Shock」 Image:


 同社では、既存事業の収益性の強化と新規事業創出による事業基盤の構築に向けて、中期経営計画の設計を進めており、同計画における人材パフォーマンスの最大化の一環および社員の多様なライフプラン支援のため今回の早期退職者優遇制度の実施を決めた。国内の営業部門またはスタッフ部門に在籍する勤続10年以上の社員のうち、45歳以上の一般社員および50歳以上の管理職社員約700人が募集の対象となり、約200人の応募を想定しているという。

 退職者には、所定の退職金に加え特別退職金を支給するほか、希望者に対しては再就職支援を提供する。希望退職者募集に伴い発生する特別退職金などに係る費用は、2019年3月期決算において特別損失に計上する予定。業績への影響については現在精査中だと言い、確定次第後日発表される。

 なお、同社の2019年3月期第3四半期の連結業績(2018年4月1日~12月31日)では、売上高が2,182億7,100万円(前年同期比5.7%減)で、営業利益は224億5,900万円(同3.4%増)、経常利益は218億7,700万円(同5.9%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益は169億7,600万円(同14.7%減)だった。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.