×
By
fashionsnap
掲載日
2019/12/16
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

カシミヤニットブランド「ピセア」がポステレガント中田優也をクリエイティブディレクターに起用

By
fashionsnap
掲載日
2019/12/16

 カシミヤニットブランド「ピセア(Picea)」が、クリエイティブディレクターに「ポステレガント(Postelegant)」のデザイナー 中田優也を起用した。これまではメンズ寄りのアイテムを展開してきたが、中田がコレクションを手掛ける2020年秋冬シーズンからユニセックスで発表していくという。

「ピセア」新作のヴィジュアル - Image: Picea


 ピセアは、2017年に大手セレクトショップや百貨店とのコラボレーションを皮切りにブランドがスタート。世界最高水準の内モンゴル自治区産のベビーカシミヤを使用し、整毛から紡績、染色、ニッティングまで一貫して行っている。
 
 これまで企画チームがデザインを手掛けてきたが、リブランディングにあたりジェンダーレスなクリエイションができるデザイナーを探していたといい、中田自身がカシミヤ好きであることに加え、素材に対する向き合い方や探究心、それらを高い次元でクリエイトする能力を評価し、起用に至った。新体制後も引き続き「New Possibilities Of Cashmere (カシミヤの新しい可能性)」をテーマに商品を提案していく。

 2020年秋冬コレクションは、シルエットのバランスにトレンドを反映しつつ、あくまでもシンプルなデザインを追求。編み方や糸の本取りなどのコントロールにより、カシミヤ素材の魅力を引き出したコレクションに仕上げたという。展開アイテム数は20型前後で、価格帯は3万円台中盤〜16万円ほど。2020年9月初旬から販売する予定だ。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.