×
572
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ギャップグループ、「オールドネイビー」のプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサー職を新設

掲載日
today 2019/07/24
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ギャップ(Gap Inc.)は、「オールドネイビー(Old Navy)」にプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサー職を新設し、「Athleta」のトップを務めるナンシー・グリーン(Nancy Green)を起用した。8月初めに着任する。

Athleta


 同氏はブランドのデザイン、生産、マーチャンダイジング、マーケティングを統括し、「オールドネイビー」のソニア・シンガル(Sonia Syngal)プレジデント兼CEOに直接リポートする。
 
 「Athleta」には2013年からエグゼクティブヴァイスプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサーとして参画しているナンシー・グリーンだが、在任中には「商品と経験を通した明確なブランドのビジョン」により「ブランドの収益を倍増させ、営業マージンを大きく拡大した」という。ギャップグループのアート・ペック(Art Peck)CEOによると、「Athleta」は2020年度に売上高10億ドルを達成する見込みだ。

 グリーン氏はすでに2012年にも臨時の共同リーダーとして「オールドネイビー」に携わったことがある。
 
 「オールドネイビー」はグループ内でも堅調に推移し続けてきたブランドだが、直近の2019年第1四半期には既存店売上高が1%減となり、前年同期の3%増から落ち込みを見せた。決算後電話会議でのテリ・リスト・ストル(Teri List-Stoll)CFOは、「ギャップ」と「オールドネイビー」の両ブランドについて、デザインと商品展開の見直しが完了するまでマーケティングを抑えたことも明かしている。なお、「オールドネイビー」は今年3月にギャップからの分社化を発表。完了は2020年を予定している。

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

こちらもどうぞ

keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right