×

クチュール:「シャネル」は伝説の「ル パラス」黄金時代を再現

掲載日
2020/07/07
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「シャネル(Chanel)」が、パリの伝説的なナイトクラブ「ル パラス(Le Palace)」に着想を得たクチュールコレクションをオンラインで披露した。

Chanel Haute Couture Fall/Winter 2020-2021 - Chanel - Chanel


 ビジュアルはフォトグラファーのミカエル・ヤンソン(Mikael Jansson)が撮り下ろしたものだ。

 ノートでは、「豪奢で洗練された、きらびやかなコレクションになっています。カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)が『ル パラス』で連れ添っていたような、エキセントリックな女性の姿が念頭にあったのです」とヴィルジニー・ヴィアール(Virginie Viard)がコメントしている。


 ゲイからストレート、富裕層から庶民まで、あらゆる種類のゲストが入り混じり、ラガーフェルドのような名だたるデザイナーと華々しい夜を過ごすクラブの情景が見事に表現されビデオだった。


 登場するモデルはリアン・ヴァン・ロンパエイ(Rianne van Rompaey)とアドゥ・アケチ(Adut Akech)の二人のみ。ヴァン・ロンパエイの纏うエンブロイダリーを施したツイード のオフショルダードレスやビーズやパールを散りばめたAラインのパーティーフロックのほか、アドゥ・アケチが身を包んだブーゲンビリアカラーのツイードパンツスーツ、パールグレーのタフタで仕立てたドレスにビザンチン調のブローチを合わせたルックなどが動画ではフィーチャーされている。



Model Rianne von Rompaey for Chanel Haute Couture Fall/Winter 2020-2021 - Chanel - Chanel


 「『ル パラス』から明け方に出てくるようなパンクなプリンセスを考えていました。タフタのドレスにビッグなヘアスタイル、フェザーとジュエリーをたっぷり重ねたようなスタイルをね。今回は、ガブリエル・シャネル(Gabrielle Chanel)よりもカール・ラガーフェルドにインスパイアされました。彼は『ル パラス』の常連で、洗練されているけれど、とてもエキセントリックな女性たちに囲まれていたんです」とヴィアール。

 最後は大きなボウ をあしらったブラックドレスが締め、シルバーのペンダントとスパイキーなヘアスタイルがパンクなルックが「ル パラス」のムードを象徴していた。ミック・ジャガーにアンディ・ウォーホル、ロラン・バルトからジャン=ポール・グードまでがひしめきあい、グレイス・ジョーンズが『ラ・ヴィ・アン・ローズ』を歌う情景が目に浮かぶ。

 「前回とは対照的な方向性でやるのも良いものでした。複雑で、洗練されたものを欲していました」と語るヴィアールいわく、今シーズンのムードは「ウルトラロックなロマンティシズム」なのだという。

 一方で、メゾン・ルサージュ(Maison Lesage)やモンテックス(Montex)、ルマリエ(Lemarié)、グーセンス(Goossens)といったアトリエの技を堪能するのは、やはり動画では限界があった。やはり、こうしたクラフトマンシップには実際のキャットウォークが必要だ。

Chanel Haute Couture Fall/Winter 2020-2021 - Chanel - Chanel


 コレクションは全30ルックで構成されている。中でも、「19世紀絵画から抜け出してきたヒロインのような、ノーブルな佇まい」を感じさせるロングドレスや、ボレロジャケットなどにあしらわれたペイントレースなども目を引いたが、これらはビデオには登場していない。

 2日前に公開されていたロイック・プリジャン(Loïc Prigent)によるティーザー動画では、カンボン通りにある「シャネル」のアトリエで、皆がマスクを着用して仕事をする様子が映された。

 「私にとって、オートクチュールというのは本質的にロマンチックなもの。シルエットひとつひとつに愛があるわ」とヴィアール。


 


 

不許複製・禁無断転載
© 2020 FashionNetwork.com