×
By
fashionsnap
掲載日
2020/01/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ケリングの地球温暖化対策、3年連続で最高評価得た唯一のラグジュアリーグループに

By
fashionsnap
掲載日
2020/01/23

 「ケリング(Kering)」が、2019年度の環境報告に基づく地球温暖化対策が認められ、グローバルで活動する環境非営利団体CDPから最高評価の「気候変動Aリスト」に選出された。ラグジュアリーグループでは唯一、Aリストに3年連続で選定されたことになる。

Gucci - Fall-Winter2020 - Menswear - Milan - © PixelFormula


 CDPでは、環境問題対策に関する情報開示を行った企業の中から、特に優れた取り組みを実施している企業をAリストに選定。例年Aリストに選ばれるのは約2%だという。2019年度は8,400強の企業が情報開示を行った。
 
 ケリングは、グループ全体で気候リスクの緩和や低炭素経済の構築に関する取り組みを進めており、エネルギー効率化を高めたことで2015年以降は従来のグループ傘下ブランドの店舗で発生する二酸化炭素強度を30%削減したという。また、環境への影響を換算するデジタルプラットフォームを有しているほか、地球温暖化の阻止を含む実践的な目標を達成するための「ファッション協定」に署名している。

 グループのチーフサステナビリティオフィサー兼国際機関渉外責任者を務めるマリー=クレール・ダヴォーは「気候変動対策の面で世界のトップ企業のひとつとして認められたことを誇りに思います。今後の2025年までにカーボンフットプリントを50%削減するという目標を達成できるよう、努力を続けていきたいと考えています」とコメントしている。
 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.