×
498
求人
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都

ケリング、2018年は「グッチ」と中国好調で大幅な増収増益

By
AFP
掲載日
today 2019/02/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ケリング(Kering)が発表した2018年度決算は、中国市場と「グッチ(Gucci)」がけん引して大幅な伸びを記録。利益率は40%近くに上った。

Gucci - Spring-Summer2019 - Womenswear - Paris - © PixelFormula


 「2018年はケリングと傘下のブランドにとって素晴らしい年となった。ラグジュアリー産業の平均を大幅に上回る業績だ」とフランソワ=アンリ・ピノー(François-Henri Pinault)CEO。「世界的な動きは概ね追い風となっているが、より複雑化している」。
 
 年度始めに手放した「プーマ(Puma)」、「ステラ・マッカートニー(Stella McCartney)」、「ボルコム(Volcom)」、「クリストファー・ケイン(Christopher Kane)」を除くケリンググループの2018年度連結売上高は、報告ベースで前年比26.3%増の163億6000万ユーロ(約2兆400億円)。オーガニックグロースは29.4%だった。

 純利益は49.3%増の28億ユーロ(約3490億4300万円)と、ファクトセットやブルームバーグの予想平均通りになった。
 
 また、廃止事業に関する純利益は10億9000万ユーロ(約1358億7700万円)計上しており、主に『プーマ』の売却益を含んでいるという。
 
 営業利益は過去最高の44億ユーロ(約5486億6500万円)を記録し、46.6%の伸びとなった。この2年間で倍増したことになり、営業利益率も400ベースポイント増加して28.9%に上ったという。ジャン=マルク・デュプレ(Jean-Marc Duplaix)最高財務責任者が話した。
 
 さらに同氏は、全地域で増収となったが特に北米とアジア太平洋が好調だったとも強調し、「第4四半期に中国人による消費が伸び悩んだということはなかった」として中国における減速への懸念を払しょくした。「アジア太平洋地域は第4四半期に28%伸び、中国本土ではさらにそれを上回る高い増収率となった」。

 
伸び続ける「グッチ」
 
 中でも主要ブランド「グッチ(Gucci)」は非常に好調で、年間売上高は80億ユーロ(約9974億8100万円)を突破。利益率は過去最高の39.5%となった。
 
 増収率も36.9%と大きくなったものの、四半期ごとの変化を見るとわずかに減速している。第1四半期は40.1%増、その後48.7%、35.1%と続き、第4四半期は28%増だった。
 
 イタリアのグッチ社に関しては脱税の疑いで調査が行われていたが、この件に対するコメントはなかった。先月末に発表された最初の結果によると、14億ユーロ(約1745億7500万円)相当の追加徴税が課せられるおそれもあるという。
 
 
(2019年2月12日現在、1ユーロ=125円で換算)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2019 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。