×
掲載日
2019/11/27
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ゲス第3四半期、黒字転換も売上高は市場予想下回る

掲載日
2019/11/27

 米ゲス(Guess Inc.)が発表した第3四半期決算は、黒字に転換したものの売上高はアナリスト予想を下回った。

Guess


 純利益は1240万ドル(約13億5300万円)で、前年の純損失1340万ドル(約14億6200万円)から回復した。
 
 売上高は1.7%増の6億1590万ドル(約672億600万円)だったが、アナリスト予想6億2060万ドル(約677億1900万円)を下回っている。

 地域別に見ると、米州は4.9%減だった。ECを含む小売事業は3%の減収だった。一方、卸売事業は7%増となった。
 
 ヨーロッパでは9.1%の増収、アジアでは8%の減収。
 
 ライセンス事業は0.3%減だった。
 
 「全体を通して、ヨーロッパ事業と米州の卸売およびライセンスが好調で、それがコスト管理の効果的なアプローチと合わさったことで、米州の小売事業やアジアでの停滞が相殺された」とカルロス・アルベリーニ(Carlos Alberini )CEO。
 
 「通期予想は上限を維持しつつ下限を引き上げる。グローバルなブランドと多角的なビジネスモデルで、増収と利益性向上が見込めるだろう」。
 
 通期には、2.7~3%の増収と、一株当たり1.20~1.25ドルの利益を見込む。


(2019年11月27日現在、1米ドル=109円で換算)

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com