×

コンデナスト、アナ・ウィンター編集長辞任の噂を否定

By
fashionsnap
掲載日
2020/06/15
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 アナ・ウィンター(Anna Wintour)が米版「ヴォーグ(Vogue)」の編集長を辞任するという噂が浮上していることを受け、コンデナスト(Condé Nast)がアナの辞任を否定したと複数の海外メディアが報じた。

コンデナスト公式サイトより


 コンデナストでは、役職や給与などにおいて黒人への人種差別があると同社の社員が声を上げたことを発端に、ニューヨーク現地時間6月8日にグルメ雑誌「ボナペティ(Bon Appétit)」編集長のアダム・ラパポート(Adam Rappaport)が辞任しており、ネット上ではアナもラパポートに続き、編集長を辞任するのではないかと憶測が飛び交っていた。また海外メディアは、アナがヴォーグのスタッフ宛に、これまで黒人クリエイターに対して十分な機会を与えられなかったことや、雑誌が「痛ましく偏狭な」イメージを発信してきたとして、全責任を負うことを記したメッセージを送ったと報じられていた。

 コンデナストは11日、全ての刊行物やビデオコンテンツで公平な表現を保証することを発表したほか、人種差別防止を目的とした外部諮問委員会を新設することを表明。12日に行ったコンデナストの幹部役員によるオンライン会議では、ロジャー・リンチ(Roger Lynch)CEOがアナが編集長を続投する旨を明言した。

 

Copyright © 2020 Fashionsnap. All rights reserved.