×
By
fashionsnap
掲載日
2020/04/13
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

サッカーJ1札幌のクリエイティブディレクター相澤陽介が報酬を自主返納、Jリーグ中断を受けて

By
fashionsnap
掲載日
2020/04/13

 「ホワイトマウンテニアリング(White Mountaineering)」のデザイナー相澤陽介が、クリエイティブディレクターを務めているサッカーJ1リーグ「北海道コンサドーレ札幌」の今年度の報酬を全額返納することを明らかにした。意向はすでに北海道コンサドーレ札幌の代表取締役社長CEO 野々村芳和氏に伝えてるという。

北海道コンサドーレ 公式サイトより


 新型コロナウイルスの感染拡大により、Jリーグの公式戦は2月下旬から中断している。これを受けて、北海道コンサドーレ札幌の選手一同は6ヶ月間分の選手報酬の一部を自主的に返納すると発表していた。

 相澤は自身のフェイスブックで、返納は選手の行動に影響を受けて決めたと説明。チームのスポンサーを含め北海道の企業の深刻な経済的打撃についても触れた上で「音楽、スポーツ、もちろんファッションも。今は少しでも自分ができることをやっていきたい。なんでもない日常がこんなにも大切なんだと痛感しています」とコメントしている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.