×
113
求人
SHISEIDO
R&D Manager, Global Professional Business Div. Shiseido Professional Brand Unit
正社員 · Yokohama
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Marketing Manager/ Specialist, Global Professional Premium Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Ethics & Compliance Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead
正社員 · Tokyo
NIKE
Japan - Neighborhood (Nbhd)/Authenticators Marketing Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Demand Planning Global Business Process Expert (dp Gbpe)
正社員 · TOKYO
SHISEIDO
Manager or Brand Associate, Core Platform, Marketing Dept. Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
IT Project Manager
正社員 · Minato City
SHISEIDO
Information Security Specialist
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Consumer & Market Insights
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Data Analyst (Scm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Staff, Marketing For Global Professional Life-Style Hair Care Brand
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Specialist / Manager, Business Development
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Staff / Manager, Cross Border Marketing Strategy
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager / Brand Associate, Premium Solutions Group, Marketing Dept, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Strategy & Business Development, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Strategy Acceleration
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, PR Excellence Group, Communication Excellence Dept., Sgbu
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Manager, Supply Network Group
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Staff of Digital Engagement Group, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Digital Engagement Group, Global Professional Business Division
正社員 · Tokyo
By
AFP
掲載日
2020/03/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

サルヴァトーレ・フェラガモ、2019年度は増収増益に

By
AFP
掲載日
2020/03/11

 サルヴァトーレ・フェラガモ(Salvatore Ferragamo)が発表した2019年度の業績は、純利益が1.7%増の9200万ユーロ(約108億6200万円)と増益に転じた

Instagram @ferragamo


 通期の売上高も2.3%増の13億7000万ユーロ(約1617億4800万円)で、香港では落ち込んだものの全体としてはやはり増収転換に。売上構成比37.1%と主要な市場であるアジア太平洋地域では、売上が1.1%伸長し、中国単体では13.8%という成長を記録した。
 
 前年2018年には、ブランドのポジショニングの問題などから、売上高は3.4%、純利益は21.1%と減少していたフェラガモグループ。大幅な改革を進め、不足している商品カテゴリの増強とシューズにおける地位の確立に努めてきた。

 また、現地時間3月10日夜に発表した声明では、新型コロナウイルスによる影響についても言及。期間や規模が測定できず、現時点では業績や財務状況にもたらす具体的な影響を試算することは不可能だとしている。一方で、中期戦略としては、グループを保護し、不利な影響を最小限にとどめるため、具体的な施策を実行に移しているという。
 
 こうした施策の中には、「コスト削減、支出の徹底的かつ継続的な管理」といったものや、「現在の状況で不可欠、もしくは優先順位が高い」と判断したもの以外の投資を抑制するといった内容が挙げられている。
 
(2020年3月11日現在、1ユーロ=118円で換算)
 
 

無断複製・無断転載禁止
© 2021 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。