シチズン時計がフォッシルと業務提携、スマートウォッチを開発

 シチズン時計とフォッシルグループ(Fossil Group, Inc.)が10月3日、スマートウォッチ市場の成長に向けた業務提携契約を締結したと発表した。

「シチズン時計」公式サイトより

 両社が共同で取り組むのは、伝統的なアナログ時計のデザイン性を保ちながら通知機能やトラッキング機能を持つスマートウォッチ「ハイブリッドスマートウォッチ」の分野。フォッシル社では2016年から同分野に注力しており、今回の業務提携を機にシチズン時計はフォッシル社が開発したスマートウォッチムーブメントを製造するほか、スマートウォッチムーブメントおよび完成した時計を販売する。このほか、両社でスマートウォッチムーブメントの共同開発も行っていく予定だ。
 
 シチズン時計の戸倉敏夫社長は「時計業界でスマートウォッチ先駆者であるフォッシル社と提携し、両社でスマートウォッチ市場のリーダーとなることを目指します」とコメントしている。

 

Copyright © 2018 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨ビジネスイノベーション
新規登録