×
595
求人
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京
(株)ユナイテッドアローズ
経理担当(①売上管理スタッフ ②経費管理スタッフ)
正社員 · 東京
FOREO
Finance Manager - Tokyo, Japan
正社員 · Tokyo
ADIDAS
Manager, Retail Analyst, Retail Back Office
正社員 · 東京
ADIDAS
Senior Manager Buying Adidas & License Goods, Buying, Direct to Consumer
正社員 · 東京
ADIDAS
District Manager Field Operations, Retail Operations, Direct to Consumer
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Evm, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
ADIDAS
Manager Organic Search, Consumer Experience, Ecommerce
正社員 · 東京都
MOËT HENNESSY DIAGEO JAPAN
Account Manager Duty Free Sales
正社員 · 東京都
KERING
Kering Eyewear Finance Manager
正社員 · 東京都
BOTTEGA VENETA
Commerce & Client Service Manager(Japan)
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
経理(リスクマネジメント)
正社員 · 東京
TRIUMPH
Purchase Order Management Specialist
正社員 · 東京
TRIUMPH
Senior Brand Merchandising Manager - Triumph Core
正社員 · 東京
デッカーズジャパン
Demand Planner, Operations
正社員 · 東京
LACOSTE JAPAN
Digital Marketing/CRM Specialist
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Digital Specialist / Online Creative Director(Luxe)
正社員 · Tokyo
KERING
Retail IT Operations (Gucci)
正社員 · 東京
DIOR
ビジネスアナリスト
正社員 · 東京
BOUCHERON
Product Marketing
正社員 · 東京
BAYCREW'S GROUP
セールスクラーク
正社員 · 東京
AESOP
Supply Chain Coordinator
正社員 · 東京

シドニー・トレダノ、クリスチャン・ディオール社を去る 後任はフェンディCEOのピエトロ・ベッカーリ

掲載日
today 2017/11/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 シドニー・トレダノ(Sidney Toledano)がクリスチャン・ディオール(Christian Dior)CEOを退任し、フェンディ(Fendi)のピエトロ・ベッカーリ(Pietro Beccari)が後任に就く。LVMHグループのマネージメントにとっても大きな変化だ。

Pietro Beccari - Archiv


 トレダノは1月にディオールを退任予定だが、LVMHファッショングループ(LVMH Fashion Group)の会長兼CEOとしてピエール=イヴ・ルーセル(Pierre-Yves Roussel)の後を継ぐ。LVMHファッショングループは、「セリーヌ(Céline)」、「ケンゾー(Kenzo)」、「ロエベ(Loewe)」、「マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)」、「エミリオ・プッチ(Emilio Pucci)」といった比較的規模の小さなブランドを統括している。
 
 ルーセルは、LVMHグループの会長兼CEO、そして支配株主でもあるベルナール・アルノー(Bernard Arnault)の特別顧問という地位に就く予定だが、この処遇は、「マーク・ジェイコブス(Marc Jacobs)」での大きな損失に対する対価ではないかとの見方もできる。昨年、アルノーは「ドナルド・トランプより『マーク・ジェイコブス』が心配だ」とも話していた。一方で、「セリーヌ」のフィービー・ファイロ(Phoebe Philo)、「ケンゾー」のキャロル・リム(Carol Lim)とウンベルト・レオン(Humberto Leon)、そして「ロエベ(Loewe)」のジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)を起用したルーセルの手腕は、十分に評価されている。

 また、ベッカーリの着任により、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)が「ディオール(Dior)」から去る可能性も浮上してくる。キウリはトレダノによって2016年に抜擢されたが、関係者筋の話では、「ディオール」に関してアルノーは頻繁にキウリに批判的な姿勢を示していたという。
 
 「明らかに、アルノーはマリア・グラツィア・キウリにあまり好意的ではなく、ピエトロ・ベッカーリの就任と共に、一からやり直したいと考えるかもしれない」ととある関係者は話す。「アルノーは、キウリが『ディオール』でやりたいことを的確に実現できてはいない、と考えているようだ。例えば、モンテーニュ通りに『ディオール』のポップアップを開いたりだとか」。
 
 トレダノ退任のニュースが流れる8ヵ月前、LVMHグループはクリスチャン・ディオール・クチュール(Christian Dior Couture)社取得の計画を発表した。買収額は65億ユーロ(約8556億3000万円)と言われている。すでにパルファン・クリスチャン・ディオール(Parfums Christian Dior)を所有していたLVMHだが、メゾン70周年を迎えるにあたり、ディオール事業を統合することが目的だ。昨年のクリスチャン・ディオール・クチュール社の売上高は、5%増の19億ユーロ(約2501億700万円)だった。
 
 66歳のトレダノが去り、50歳のベッカーリが就任する。業界関係者の間では、こうした変化は通常の人事計画の範疇だと捉える向きが多い。ベッカーリは2012年2月から「フェンディ(Fendi)」のCEOを務め、売上高を3倍に増やして年間10億ユーロ(約1316億3500万円)を達成している。
 
 シドニー・トレダノ、ピエトロ・ベッカーリ、そしてピエール=イヴ・ルーセルの三者とも、コメントは控えている。
 
 一方の「フェンディ」側の後継者は不明だが、アイウェア大手ルックスオティカ(Luxottica)の元管理職、二コラ・ブランドレーゼ(Nicola Brandolese)の名を挙げる声もある。ブランドレーゼは7月にLVMHグループに入社し、「フェンディ」のベッカーリと同じような道を辿っている。
 
 トレダノの新しい役職からも、アルノーが同氏を大きく評価していることが窺い知れるだろう。日々のマネージメントではなく、業務の監督と戦略に関わることになるはずだ。
 
 トレダノは1994年、フランソワ・ボーフュメ(François Baufumé)CEOの下でディオールに入社し、1998年に同社トップに就任した。在職中は数々のデザイナーを成功に導いたほか、エディ・スリマン(Hedi Slimane)を起用して「ディオール・オム(Dior Homme)」をローンチ。さらに2011年に「ディオール」のデザイナーだったジョン・ガリアーノ(John Galliano)が起こした不祥事にもうまく対応してみせた。
 
 「シドニーは『ディオール』のトップを20年間勤め上げた。現代のラグジュアリー企業の管理職としては、非常に稀なことだ。こうした事実を忘れてはならない。それに、新しい役職も素晴らしいものだ」と関係者は強調する。
 
 
(2017年11月8日現在、1ユーロ=132円で換算)

 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

こちらもどうぞ