×
569
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

シャネル、エコスタートアップ企業に出資

掲載日
today 2019/06/12
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 シャネル(Chanel)グループが、アメリカのエコフレンドリーな化学スタートアップ企業「Evolved by Nature」の少数株式を取得した。

Chanel - Collection Croisière 2020 - Womenswear - Paris


 Evolved by Natureは2013年、Gregory AltmanとRebecca Lacoutureの2人がボストンで立ち上げた企業で、シャネル社による出資を発表したばかりだ。シャネルは、最近では「E.P. Journe」や「Kenissi」など時計メーカーのほか、生分解性素材を開発するフィンランドのSulapacへの投資も行っている。
 
 今回の出資先では新技術を使った先端素材「Activated Silk」を開発しているが、これはいわば液状の天然シルクで、絹の成分を自然な方法で抽出し、水と接触させることにより新たな素材に応用することができるというもの。ケミカルな加工に代わる技術として、テキスタイルはもちろん美容や健康といった分野にも使用可能だ。

 「今回の資本提携により、シャネル社は革新的な素材を試用し、様々な素材に対する技術の向上を追求できる」とメゾン側。「"グリーン・テック"分野における研究・開発というストラテジーの一環」だと説明する。
 
 Evolved by Natureの共同創業者兼CEOであるAltmanも、「シャネルの支援を受けることができウらしく思う。ファッションとビューティにおける同社のノウハウを活用し、自然な化学プラットフォーム『Activated Silk』の発展を加速させていきたい」とコメント。


 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com