×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ジャンポール・ゴルチエ、仏百貨店ル・ボン・マルシェのChristine Chapelluを社長に任命

掲載日
today 2013/07/10
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 情報筋の話によると、「Jean Paul Gaultier(ジャンポール・ゴルチエ)」の取締役社長に、フランスの百貨店「Le Bone Marche(ル・ボン・マルシェ)」でウィメンズ・ファッション・ディレクターを務めるChristine Chapellu(クリスティーヌ・シャペリュ)が任命された。2011年の「Puig(プーチ)」グループによる買収以来、同ブランドでは取締役社長不在の状態が続いていた。「Puig」は、「Nina Ricci(ニナ・リッチ)」や「Paco Rabanne(パコ ラバンヌ)」といった仏高級ブランドを傘下に持つスペインのファッショングループ。

 Christine Chapelluは、仏百貨店「Le Printemps(プランタン)」勤務を経て、10年以上前より「Le Bone Marche」でレディースのバイイングディレクターを務めてきた。「Puig」側はこの情報についてコメントしていないが、否定もしていない。


Jean Paul Gaultier



 「ジャンポール・ゴルチエ」はイタリアのアパレル企業Ittierre(イッティエーレ)社と、ウィメンズとメンズのストリートラインの生産・販売を2014年春夏から開始するライセンス契約を締結。伊Aeffeグループが手掛けてきたウィメンズのプレタポルテラインは、2013/14年秋冬より伊Gobo社が製造および販売を手掛けている。

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com