ジャーナル スタンダードが村上淳による「トーストフット&アイギア」とコラボしたスニーカーを発売

 「ジャーナル スタンダード(Journal Standard)」が、俳優の村上淳がデザインを手掛けるフットウェアブランド「トーストフット&アイギア(Toast Foot & Eye Gear)」との別注スニーカーを1月25日に発売する。全国のジャーナルスタンダード各店舗および公式オンラインストアで取り扱う。

コラボスニーカーImage: ジャーナルスタンダード

 トーストフット&アイギアは、職人の手作業によるバルカナイズ製法を採用し、底とアッパーをしっかり接着することで、底が剥がれにくく型崩れしにくいシューズを製作している。コラボスニーカーでは、トーストフット&アイギアが2017年秋冬シーズンに発売した「Jam」をベースに採用。サイドテープの内側のゴム幅をアッパーとのグラデーションカラーで仕上げ、細めのフォルムや丸みを帯びたつま先、やや厚底のソールなどでヴィンテージスニーカーをイメージした。サイドソールには「standard kit」のロゴを、ベロの内側にはコラボのダブルネームプリントを施している。カラーはブリックとネイビーの2色で展開し、価格は税別1万8,000円。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - シューズコレクション
新規登録