×
By
AFP-Relaxnews
掲載日
2020/01/23
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ジョナサン・アンダーソンが「イエール国際フェスティバル」の審査員長に

By
AFP-Relaxnews
掲載日
2020/01/23

 ジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が、南仏で行われる若手デザイナーの登竜門「イエール国際フェスティバル(Festival international de Hyères)」の第35回審査員長に選ばれた。フェスティバルは4月25日~29日の期間開催される。

Jonathan Anderson / AFP


 また、今年はカイア・ガーバー(Kaia Gerber)をはじめ、「ヴォーグ オム(Vogue Hommes)」の編集長オリヴィエ・ラランヌ(Olivier Lalanne)や、パリ装飾芸術美術館のディレクターを勤めるオリヴィエ・ギャベ(Olivier Gabet)などが新たに審査員に加わった。
 
 若手デザイナーに向けたコンテストでは世界最古と言われる同賞は世界でも高く評価されており、2018年に優勝したルシェミー・ボッター(Rushemy Botter)とリジー・ヘレブラー(Lisi Herrebrugh)は、その後「ニナ・リッチ(Nina Ricci)」のクリエイティブディレクターに抜擢されている。

 過去の勝者の中には、他にもアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)や「ヴィクター&ロルフ(Viktor&Rolf)」といった名前もある。
 
 フェスティバルでは、ファッションと同様に、写真、ファッションアクセサリー部門も用意されている。

 

Copyright © 2021 AFP-Relaxnews. All rights reserved.