×

スイスの時計輸出、6月は35.1%減

By
AFP
掲載日
2020/07/21
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 スイス時計協会が発表した同国のの6月の時計輸出額は引き続き落ち込んでいるが、中国からの需要が高まり、回復の兆しも見えてきている。

Jaeger-LeCoultre


 コロナ禍の影響を受け、4月は81.3%、5月は67.9%と大きく減少したスイスの時計輸出額。6月は前年同月比35.1%減の11億スイスフラン(1259億6400万円)となった。

 しかし、「最初にパンデミックの影響を受け、最初に回復した国として、中国での需要は大きく伸長した」とも補足されており、6月のスイスから中国への時計輸出額は前年同月比47.7%増だった。
 こうした状況から、「将来的な回復の兆しが見え始めている」と協会側。
 
 一方で、6月の香港への輸出額は54.6%減、米国へは57%減という結果になっている。

 都市封鎖や自粛に伴う店舗の一時休業だけでなく、欧州でのアジア人観光客による消費が激減したことも大きく影響している。


(2020年7月21日現在、1スイスフラン=114円で換算)
 

無断複製・無断転載禁止
© 2020 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。