×

スイス高級時計見本市「バーゼルワールド」、2021年はキャンセルへ

By
Reuters
掲載日
2020/05/08
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 MCHグループが、2021年1月28日〜2月2日に予定されていた時計見本市「バーゼルワールド(Baselworld)」をキャンセルすると発表した。

Basel World


 すでに2019年からスウォッチグループ(Swatch Group)が同展から離脱しているほか、「ロレックス(Rolex)」、「パテック フィリップ(Patek Phillipe)」、「シャネル(Chanel)」など5ブランドも撤退して独自の展示会を創設することを発表したばかりだ。LVMH傘下の「ウブロ(Hublot)」、「ゼニス(Zenith)」、「タグホイヤー(Tag Heuer)」、「ブルガリ(Bulgari)」も同様に決定を下した。
 
 「出展者や来場者と共に、新しいプラットフォームに必要なものやオプションなどを検討して協議するなど、鋭意取り組んでいる」と、「バーゼルワールド」のミシェル・ロリス=メリコフ(Michel Loris-Melikoff)ディレクター。

 また、すでに見送りとなっていた2020年度の参加費に関しては、払い戻しの方向で一部の出展者と合意に至ったという。

 

© Thomson Reuters 2020 All rights reserved.