ステファノ・ピラーティが手掛ける「ランダム アイデンティティーズ」が始動

 デザイナーのステファノ・ピラーティ(Stefano Pilati)が手掛ける自身のブランド「ランダムアイデンティティーズ(Random Identities)」が、初のコレクションを発表した。アイテムは、ECサイト「エッセンス(Ssense)」やドーバーストリートマーケットギンザ(Dover Street Market Ginza)で販売されている。

「ランダム アイデンティティーズ」初のコレクション - Image: Ssense
 
 ステファノ・ピラーティは、2004年から2012年まで「イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent、現saint Laurent)」でクリエイティブディレクターを担当。2013年1月から「エルメネジルドゼニア(Ermenegildo Zegna)」のヘッドデザイナーを務め、2016-17年秋冬コレクションをもって退任した。
 
 自身初のソロプロジェクトとなるランダムアイデンティティーズでは、トレンドやジェンダーにとらわれない新たなアイデンティティーを表現できるブランドとして展開。初のコレクションはエッセンス本社のライブイベントで発表し、モノトーンをベースにしたシックなルックを披露した。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアコレクション
新規登録