ストライプとアリババが協業、"ニューリテール"構想の実現に向け共同研究

 ストライプインターナショナルが、アリババと戦略的パートナーとしての協業に合意したと5月22日の今日発表した。

画像: (左から)ストライプインターナショナル 代表取締役社長 石川康晴、アリババ 代表取締役COO 岡田聡良

 ストライプインターナショナルはアリババグループが保有する顧客データを活用し、ECや店舗、越境ECなどのデータ統合により売上の最大化を図る。また、アリババが提唱するECと店舗のデータを統合した「ニューリテール」構想の実現に向け共同研究を行い、アリババクラウド(Alibaba Cloud)上でニューリテールシステムを構築する。2018年8月には香港法人を設立し「Tmall 国際」でストライプインターナショナルの商品を展開するほか、日本国内の店舗にアリペイ(Alipay)を導入しインバウンド向けの決済手段を拡大する。

 アリババジャパンは、日本企業の海外市場開拓の支援のためソフトバンクグループとアリババグループの合弁により2008年に設立された。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他ビジネス
新規登録