ストライプ/UXディレクターに鬼石真裕氏就任

 ストライプデパートメントは12月5日、UXディレクターに、Kaizen Platformフェローの鬼石真裕氏が就任したと発表した。

鬼石真裕氏

 「Stripe Department」は、2018年2月にサービスを開始した大人のためのECデパートメント。
 
 高感度、高品質なブランドの拡充とパーソナルスタイリングや試着サービス、AIチャットボットなどの独自のサービス構築を進めている。
 
 現在は「Sonia Rykiel」、「Nina Ricci」など、ハイブランド領域も拡張し、800以上のブランドを取り扱っている。
 
 鬼石氏のUX(ユーザーエクスペリエンス)ディレクター就任により、「Stripe Department」は、より快適なショッピング体験を実現するサービスをスピーディーに提供していく。
 
 同社広報は、「鬼石氏の各社のコンサルティング経験を経て得られた知見を通じて、顧客像からサイトのわかりやすさ、使いやすさの課題を定量的に抽出し、A/Bテストなどを通じて、サイト改善を高速に行っていく」。
 
 「その仕組みを組織的に回していけるように業務フローやチェックポイントの共通化など自走できる組織つくりを行うことで、日々変わっていく顧客ニーズや、トレンドにあったサービスを提供する」としている。



Copyright © 2018 All rights reserved.

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - その他人事
新規登録