×
掲載日
2020/04/03
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

セルジオ・ロッシ、84歳で死去

掲載日
2020/04/03

 セルジオ・ロッシ(Sergio Rossi)が、イタリアで死去した。84歳だった。ロッシ氏はここ数日入院しており、新型コロナウイルスに感染していたと報じられている。

Sergio Rossi


 セルジオ・ロッシは1935年、靴づくりで知られるイタリアの街、サンマウロパスコリに生まれた。
 
 父から製靴を学び、ミラノやボローニャで修行。50年代前半から靴づくりを始め、フェミニンなデザインのサンダルで大成功を収めた。その後1968年になってようやく自身のブランドを設立している。

 並行して、「ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)」や「ヴェルサーチェ(Versace)」といった大手メゾンとのコラボレーションも積極的に行った。
 
 「セルジオ・ロッシ」ブランドは1999年にPPR(現ケリング(Kering))が買収したが、2015年にはプライベートエクイティのInvestindustrialが取得。2016年に行ったリブランドでは、創業者であるセルジオ・ロッシ監修のもと、メゾンのアーカイブを取り入れた商品でタイムレスな魅力を打ち出していた。

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com