×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ソフィア・ココサラキが死去

By
AFP
掲載日
today 2019/10/14
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 ギリシャ出身のデザイナー、ソフィア・ココサラキ(Sophia Kokosalaki)が亡くなった。11月14日にギリシャ文化省が発表した。

Sophia Kokosalaki - (c) Instagram


 ロンドンを拠点に活躍していたココサラキは、ケイト・ハドソン、クリスティーナ・リッチ、ティルダ・スウィントン、ジェニファー・コネリー、ヘレン・ミレン、キーラ・ナイトレイ、ダイアン・クルーガーなど名だたる女優を顧客に抱えていた。
 
 「若い人が亡くなるのは本当に悲しいことです。クリエイティブな精神を持ち、ダイナミックで自立した女性でした。目まぐるしく移り変わり、競争の激しいファッション業界において、20年もの間活躍し続けたのです」とギリシャのリナ・メンドーニ文化・スポーツ相はコメントしている。

 2004年のアテネオリンピックではヘッドデザイナーも務めたが、古代ギリシャから着想を得た服やジュエリーはハリウッドのセレブリティたちの間でも人気を博す。
 
 クレタ島をルーツに持ち、1972年にアテネで生まれたソフィア・ココサラキ。アテネ大学でギリシャ文学と英文学を学んだ後にロンドンへ移住。名門のセントラル・セントマーチンズを卒業した。
 
 報道によると、近年は健康に問題を抱えていたという。
 

無断複製・無断転載禁止
© 2019 Agence France-Presse
この記事(もしくはこのページ全体)にある情報は、フランス通信社の権利下にあります。 フランス通信社の許可なくこれらの情報を複製・編集・転載・翻訳・商業利用・その他再利用することは硬く禁じられています。フランス通信社は、遅延・誤り・ 遺漏、あるいはこのページの情報を元に行われた行為やその結果に対して、一切の責任を負いかねます。