ソフ清永浩文のプライベートショップ「キヨナガアンドコー」福岡の路面店が2年で閉店

 ソフ(Soph.)代表の清永浩文によるプライベートショップ「キヨナガアンドコー(Kiyonaga&Co.)」が、4月7日をもって福岡で約2年間営業していた店舗を閉めたことをインスタグラムで発表した。

「キヨナガアンドコー」のインスタグラムより

 キヨナガアンドコーは2017年4月に立ち上がり、福岡市中央区赤坂に路面店舗をオープン。ソフの既存店舗とは異なり、清永の全面プロデュースによるパーソナルで実験的なショップとして、独自の取り組みやポップアップを展開してきた。これまで藤原ヒロシや「ボンジュールレコード(Bonjour Records)」といった様々なブランドやクリエイターとのコラボレーションに取り組み、直近では3月23日から最終日の4月7日まで「マメ(Mame Kurogouchi)」とのポップアップを展開。終了日の1週間以上前にコラボ商品が売り切れるなど盛況だった。
 
 清永は自身のインスタグラムアカウントで「予想以上の業績ではあったのですが、昨年の4月辺りからこのスタイルを終了するタイミングを考え始めていました。本日のクローズを昨年末に決断し、報告のタイミングを考えてたのですが、最終的にはクローズ後に報告という不親切な報告になり申し訳ございません」と謝罪。閉店はあくまで"episode1"という位置付けで、「今の場所でのKiyonaga&Co.は終了ですが、名前は無くしませんし、エピソード1が終了したと思っていただければ幸いです」とコメントしており、店名の「キヨナガアンドコー」は何らかの形で存続していくとみられる。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨リテール
新規登録