タグ・ホイヤー×フラグメント、藤原ヒロシデザインの「カレラ」世界500本限定発売

 LVMH傘下の高級時計ブランド「タグ・ホイヤー(Tag Heuer)」が、藤原ヒロシが主宰するデザインプロジェクト「フラグメント(Fragment Design)」とのコラボレーションモデル「タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 by Fragment Hiroshi Fujiwara」を発売する。11月20日18時からタグ・ホイヤーの公式オンラインブティックおよびエスパス タグ・ホイヤー 表参道限定で取り扱う。発売に先駆けて同日行われた発表会には、藤原とLVMHウォッチメイキングディヴィジョン会長のジャン-クロード・ビバー(Jean Claude Biver)氏が登壇した。

藤原ヒロシ氏 - Image: Fashionsnap.com

 コラボモデルは、タグ・ホイヤーのアイコンモデル「カレラ」をベースに採用。39mmと小さめのケースにドーム型風防やベージュインデックスなど、1963年発表当時のオリジナルモデルをイメージさせる外装に仕上げている。最新の自社製自動巻ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を搭載し、ブラックストラップとブラック&グレーのNATOストラップの2種が付属する。世界500本限定で、価格は税別87万円。
 
 ビバー会長は息子のピエールとの会話の中で藤原について知ったといい、また昨年同氏がデザインを手掛けた「ゼニス(Zenith)」の時計を見て今回オファーしたという。通常のコラボレーションではブランド側がデザインの方針など決定しているが、今回は藤原に製品開発における全てのデザインを託した。藤原は「僕のことは全く知らずに(ゼニスで手掛けた)時計のデザインだけを見て誘っていただいたので、非常に嬉しかった」と話し、自分が身につけたい時計をコラボモデルでイメージしたという。ビバー会長は「私共のためにデザインしてくれたのではなく、自分がつけたいものをデザインしてくださったので、更にオリジナリティーという価値が増したと思う」と感想を述べた。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ファッション - アクセサリー・雑貨ウォッチコレクション
新規登録