×
By
fashionsnap
掲載日
2018/04/05
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

タサキの新クリエイティブディレクター プラバル・グルンが手掛ける新ジュエリーライン始動

By
fashionsnap
掲載日
2018/04/05

 ジュエリーブランド「タサキ(Tasaki)」が、昨年同社の新クリエイティブディレクターに就任したプラバル・グルン(Prabal Gurung)が手掛ける新ライン「タサキアトリエ(Tasaki Atelier)」のファーストコレクションを発売した。Tasaki銀座本店などで取り扱っている。

Tasaki Atelier - 画像: Hans Neumann


 ファーストコレクションのテーマはシュルレアリスム。自社養殖場で育むパールや、最高品質のダイヤモンド、カラーストーンなどの素材を用いて、モダンかつオーガニックなデザインの中に海や真珠のさまざまな魅力を落とし込んだという。海の中のオーロラのような光を表現した「オーロラ(Aurora)」や、波を想起させる「コーヴ(Cove)」、滝にインスパイアされた「ウォーターフォール(Waterfall)」のほか、「ブイ(Buoy)」「カスケード(Cascade)」「ムーラン(Moulin)」「ナクレアス(Nacreous)」といった7つのシリーズをラインナップしている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.