タペストリー(旧コーチ)のビクター・ルイスCEOが退任

 「コーチ(Coach)」、「ケイト・スペード(Kate Spade)」、「スチュアート・ワイツマン(Stuart Weitzman)」を展開するタペストリー(Tapestry Inc)が、ビクター・ルイス(Victor Luis)CEOの退任を発表した。

Jide Zeitlin - Tapestry

 CEO職は暫定的にジャイド・ツァイトリン(Jide Zeitlin)会長が兼任することになり、同時に取締役のスーザン・クロップ(Susan Kropf)がリード・インディペンデント・ディレクターに任命された。両者とも即時就任となる。
 
 ビクター・ルイス氏は2006年に入社し、コーチ・ジャパンの代表取締役社長兼CEOを務めた。グループのCEOに就任してからは、プレミアムハンドバッグメーカーだった会社をマルチブランドのファッショングループへと成長させ、"手の届く"ラグジュアリーとしてのポジショニングへ移行していた。
 
 しかし、買収した「スチュアート・ワイツマン」と「ケイト・スペード」はまだ芳しい成果が出せていない状態だ。
 
 株価もルイス氏がCEOに就任した当初から比べると半減している。
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズ人事ビジネス
新規登録