×
By
fashionsnap
掲載日
2016/08/31
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

チャオパニックが設立30周年に向けて新体制、新宿店をリニューアルオープン

By
fashionsnap
掲載日
2016/08/31

  セレクトショップ「チャオパニック(Ciaopanic)」が設立30周年を迎える2018年に向けて、新体制を発表した。ウィメンズ部門に小島令子、メンズ部門では福田健太郎をそれぞれディレクターに起用。新体制の皮切りとなるリニューアル1号店として、ルミネエスト新宿5階に構える新宿店を一新し、9月7日にオープンする。

チャオパニックが設立30周年に向けて新体制


 新宿店のクリエーティブディレクターに写真家の水谷太郎を迎え、ロゴやショッパーなどのアートワークはアートディレクターの永戸鉄也が担当。新たなディレクションによるオリジナルアイテムとセレクトアイテムを幅広くそろえ、クラフトなどこれまで取り扱わなかったアイテムも充実させる。内装はインテリアデザイナーでスモールクローン(Small Clone)代表の佐々木一也が手がけ、スーパーマーケットをイメージした空間に仕上げる。運営会社のパルは新宿店をモデルケースに、他店舗にも随時反映させていくという。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.