ディオール70周年、歴代デザイナーに捧げた7巻のアンソロジーを発売

 クリスチャン・ディオール(Christian Dior)がメゾン70周年を記念して、7巻に及ぶアンソロジーを発売する。クリスチャン・ディオール、イヴ・サンローラン(Yves Saint Laurent)、マルク・ボアン(Marc Bohan)、ジャンフランコ・フェレ(Gianfranco Ferré)、ジョン・ガリアーノ(John Galliano)、ラフ・シモンズ(Raf Simons)、マリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)といった歴代デザイナー7名に焦点を当て、各巻で1人ずつ取り上げる。

Christian Dior

 全コレクションは2017年から18年にかけてフランスのアスリーヌ(Assouline)社から出版予定で、第一巻『Dior par Christian Dior 1947-1957(クリスチャン・ディオールによるディオール 1947年~57年)』は今年12月から、フランス語版、英語版、中国語版が手に入る 。
 
 フォトグラファーのラジズ・ハマニ(Laziz Hamani)による写真をふんだんに掲載し、クリスチャン・ディオールの代表的オートクチュール作品を紹介する第一巻。服飾史家のオリヴィエ・サイヤール(Olivier Saillard)が、有名なバー(Bar)スーツなどアイコニックなアイテム80点にコメントを寄せる。
 
 「クリスチャン・ディオールのインスピレーション、影響、視点」といった要素も分析したという。
 

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

ラグジュアリー - その他メディア
新規登録