×
562
求人
keyboard_arrow_left
keyboard_arrow_right

ディーゼルがSNS上の批判をデザインした「ヘイト クチュール」発売

By
fashionsnap
掲載日
today 2018/09/19
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

 「ディーゼル(Diesel)」から9月19日、新コレクション「ヘイト クチュール(Haʉte Couture)」が登場する。ソーシャルメディアの普及により誹謗中傷などのネットトラブルが社会現象になっている現状を受け、ディーゼルや著名人がこれまでにソーシャルメディア上で受けてきた批判コメントをデザインに落とし込んだピースを展開。ネガティブな誹謗中傷に対して、「ヘイトなんて、着ちらそう。」とアイロニーを交えながらメッセージを投げかける。

「Diesel is not cool anymore」とプリントされたTシャツ(1万1,800円) - Image: Diesel


 ヘイト クチュールは、他人を攻撃せずにはいられない人々の力を削ぐことだけを目的としてデザインされたコレクション。「嫌がらせを受けても、皮肉や不遜な態度で応じれば、それによって痛手を被る可能性は小さくなるはず」という考えから、ディーゼルがこれまで受けてきたという「Diesel is dead.(DieseLは終わっている)」や「Diesel is not cool anymore(Dieselはもうダサい)」といった批判メッセージがTシャツやパーカー、ジャケットなどのアイテムにデザインされた。
 
 キャンペーン動画には、ニッキー・ミナージュやグッチ・メイン、ベラ・ソーン、ユ・アイン、マイルズ・ハイザーなど著名人を多数起用。「The Bad Guy(嫌なやつ/ニッキー・ミナージュ)」や「Fuck You, Imposter(くたばれ、詐欺師め/グッチ・メイン)」「Slut(尻軽女/ベラ・ソーン)」など、各セレブリティが過去に受けた批判コメントがあしらわれた限定アイテムも販売される。

 コレクションはメンズ、ウィメンズ、ユニセックスで展開。価格帯はデニムジャケットが3万8,000円〜8万5,000円、フェイクファーコートが16万5,000円、ジャケットが16万5,000円、スウェットドレスが4万5,000円、スウェットパーカーが2万5,000円、Tシャツが1万1,800円〜1万5,800円(すべて税別)など。
 
 発売に合わせて、国内のディーゼル店舗ではストアイベントが開催予定。来店客がこれまでに受けた最悪のコメントでアイテムをカスタマイズできるサービスなどを用意する。なお、同コレクションの売上による収益の一部は、Only The Brave Foundationを通じて世界各国のいじめおよびネットいじめ対策の慈善活動を支援するために寄付される。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

こちらもどうぞ