×
掲載日
2015/05/21
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

デシグアル、伸び率1桁にとどまる 

掲載日
2015/05/21

 スペインの「デシグアル(Desigual)」にとって、2015年の滑り出しは複雑なものになった。しかし、数字には僅かな増加が見られる。同ブランドはヨーロッパで広く展開しているため為替変動の影響を受けにくく、第1四半期の売上高は6.5%増の2億7350万ユーロ(約368億3000万円)だった。

 14年には前年同期比16.2%の売上向上を記録したデシグアルだが、去年夏から株主となったユーラゼオ社の発表によると、この増加は「新店舗とセレクトショップDshopの開店に依るところが大きい。」とのこと。また、「小物(総売上中22%)とイタリア市場(総売上中20%)が今期の主な増収の理由」だという。

 デシグアルは多店舗展開を行ってきたが、「売上高伸び率がごく僅かという2014年の結果を受け、マージンを維持するために販路を整理し効率化を図る必要が出てきた」とのこと。

 CEOのマヌエル・ハドラケ(Manel Jadraque)の退任が数日前に発表され、後任には創始者であり主要株主であるトーマス・メイヤー(Thomas Meyer)が出戻る。


(2015年5月21日現在、1ユーロ=135円で換算)

 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com