トッズグループ、オーナーが自社株を1%追加購入

 トッズ(Tod’s)グループの創業者で主要株主であるディエゴ・デッラ・ヴァッレ(Diego Della Valle)は、2018年通期芳しくない業績を受け、今週自社の株式1%を追加購入した。

コレクションを見る
Tod's - Spring-Summer2019 - Womenswear - Milan - © PixelFormula

 同氏は先週も、決算発表後にトッズ株が下落した時点で0.99%を購入している。
 
 2018年12月にはグループへの信頼の証として5%を買うという約束も掲げていたが、決算後の2回の購入はその計画とは別のものだという。デッラ・ヴァッレ氏は2018年中旬の時点でグループの株式60.7%を保有していた。

 

© Thomson Reuters 2019 All rights reserved.

ファッション - ウェアファッション - アクセサリー・雑貨ファッション - シューズラグジュアリー - ウェアラグジュアリー - アクセサリー・雑貨ラグジュアリー - シューズビジネス
新規登録