トッズ 新ディレクターにアレッサンドラ・ ファキネッティ就任

 「Tod's(トッズ)」が2月21日、ウィメンズコレクションの新クリエイティブディレクターにAlessandra Facchinetti(アレッサンドラ・ ファキネッティ)を起用したことを発表した。2006年から2012年まで同職を務めたDerek Lam(デレク・ラム)の後任。


 デザイナーAlessandra Facchinettiは、ミラノのファッション専門学校インスティテュート・マランゴーニを卒業し、「miu miu(ミュウ ミュウ)」でキャリアをスタート。2004年にTom Ford(トム・フォード)の後任として「Gucci」のクリエイティブ・デザイナーに退任したが2シーズンで退任し、その後「Moncler(モンクレール)」の高級ライン「Gamme Rouge(ガム ルージュ)」を手掛けた。2007年からは「Valentino(ヴァレンティノ)」のプレタポルテとオートクチュールのデザイナーを務め、2シーズンでブランドを退任。2011年に「Pinko(ピンコ)」の創設者Pietro Negra(ピエトロ・ネグラ)と共に「Uniqueness(ユニークネス)」プロジェクトを立ち上げてクリエイティブディレクターに就任し、2013年2月20日に退任を発表していた。

 「Tod's」は、Derek Lamとの契約を2012年9月30日をもって終了。後任のクリエイティブディレクター候補には、一時John Galliano(ジョン・ガリアーノ)の名も噂されていた。新クリエイティブディレクターに決定したAlessandra Facchinettiは、次シーズンの2014年春夏に「Tod's」のファーストコレクションを発表する見通し。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - シューズ人事
新規登録