×
掲載日
2016/12/02
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

トラサルディ、新マネージングディレクターにマッシモ・デラクア氏

掲載日
2016/12/02

 トラサルディ(Trussardi)が、マネージングディレクターとして外部の人材を起用した。同職に就任するマッシモ・デラクア(Massimo Dell’Acqua)氏は、トマソ・トラサルディ(Tomaso Trussardi)CEO直属で業務を行う。

Massimo Dell'Acqua - Trussardi Group

 
  デラクア氏は今年の9月、トラサルディ一家が所有する企業Finosの執行役員会に「外部顧問」として加入した。
 
 同氏は「グループのオーガナイズと管理」担うとしており、「特に『トラサルディ』のリブランド戦略に注力し、現在ファッション業界で起こっているデジタル面での変化を上手く利用していく」とトラサルディ側はコメントしている。他にもメゾンが力を入れている事業としては、小売、EC、「トラサルディ フード(Trussardi Food)」などがある。

 「展開拡大には、より効率的な組織編制とより高いレベルのマネージメントが求められる」とトマソ・トラサルディCEO。
 
 マッシモ・デラクア氏はイタリアの小売・不動産業グループPercassiにて化粧品ブランド「キコ(Kiko)」で11年トップを務めたほか、それ以前はグループ傘下で各種ブランド運営と小売展開を手掛けるOdisseaに携わっていた。
 

不許複製・禁無断転載
© 2021 FashionNetwork.com