×
By
fashionsnap
掲載日
2016/11/11
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

トランプ支持表明は危険?「ニューバランス」の発言でネット批判殺到 スニーカー燃やす動画も

By
fashionsnap
掲載日
2016/11/11

 「ニューバランス(New Balance)」が、次期アメリカ大統領への就任が決まったドナルド・トランプの支持を表明したとしてネット上で批判を浴びている。アメリカ国内に5つの工場を構える同ブランドは、環太平洋経済連携協定(TPP)に反対する姿勢を示しており、トランプがTPP脱退の姿勢を示していることで今回の発言に繋がったと見られている。

ツイッター(@newbalance)より


 発端は、The Wall Street Journalの取材に対して同ブランドの広報担当者が発したコメント。「オバマ政権は私達の意見に耳を貸さなかった。正直なところ、大統領に選出されたトランプ氏によって、物事が正しい方向に進むだろうと感じている」と発言し、反トランプを訴えるネットユーザーから批判を浴びている。ネット上には「もうニューバランスの靴は買わない」「ニューバランスの靴を捨てて、正しい方向に進もうと思う」といった批判的な声が多く寄せられ、同ブランドのスニーカーがゴミ箱に捨てられたり、燃やされる様子を収めた写真や動画をSNSに投稿するユーザーが相次いでいる。

 ネット上での騒動後、米ニューバランスは11月10日に公式ツイッターを更新。「1906年の創業以来、私達はニューイングランドにある5つの工場での生産に注力してきた。私達はローカルを大事にしていて、これまでも地域ごとのコミュニティがより良くなるように努めてきた」と国内生産に注力する姿勢を強調する文章を投稿したが、今回の騒動に関する表現は控えた。

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.