×
By
fashionsnap
掲載日
2019/10/31
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ナイキがスケッチャーズを再び提訴、デザイン盗用と特許侵害で損害賠償を請求

By
fashionsnap
掲載日
2019/10/31

 ナイキ(Nike)が、同社のスニーカー「ヴェイパーマックス(Vapormax)」と「エア マックス 270(Air Max 270)」のデザインを盗用したとして、「スケッチャーズ(Skechers)」をアメリカ合衆国地域裁判所カルフォルニア中央地区に9月30日付で提訴した。

ナイキのヴェイパーマックス - Image: Fashionsap.com


 ナイキは、スケッチャーズが展開する「Skech-Air Atlas」シリーズなどのスニーカーのソールデザインがヴェイパーマックスと類似しており、許可なくデザインを使用していると主張。また、「Skech-Air 92」に関してはナイキが特許を取得しているエア マックス 270のソールデザインを盗用したとして、損害賠償を請求している。
 
 スケッチャーズはデザインの盗用を否定し、ナイキと訴訟で争う姿勢だ。製品に関わる小売業者向けには「ナイキがあなたたちのことも虐めようとしても、私たちは100%あなたたちの味方です」というナイキへの皮肉を込めたメッセージをブランドの公式SNSで公開している。

 ナイキがスケッチャーズを提訴するのは、ナイキの子会社 コンバース(Converse)の「オールスター(All Star)」類似品問題に始まり、今回が4回目となる。なお、2018年に提訴した「フリー(Free)」と「フライニット(Flyknit)」の類似品に関しては現在も訴訟が続いている。

 

Copyright © 2021 Fashionsnap. All rights reserved.