ネット版ピッティ・イマージネ「e-Pitti」本格始動。 出展料10%値上げ。

ピッティ・イマージネは、本格的にネット上での展開を始めることを決定した。今年1月のテスト運営を経て、6月に本格活動を開始する。

ピッティ・イマージネ, Pitti


今年1月のテスト運営の際には、メンズメーカーが約60社、レディースメーカーが約10社出展した。バイヤーの数は約3300人。ネット上でも展示会を開催することで、展示会の期間を延ばせると言うメリットがある。「本格的に運営を開始することで、既に出展している企業の80%がネット上でも出展するだろうと思われます。ピッティ・ウオモ、ピッティーW,ピッティ・ビンボ合計の出展社数は合わせて1650社に上ります。」ピッティ・イマージネ社のナポレオーネ氏は語る。

同プロジェクトの2年間での予算は150万ユーロ。展示会中に約150人が商品や展示スタンドの写真を取り、ビデオを撮ってサイト上に掲載する。今年6月14日から17日に開催されるピッティ・ウオモのネット版は6月末にスタートし、約45日間続く。ネット版ピッティ「e-Pitti」の開発に携わるフィリエラ・ディジタル社のボッティリエーロ氏は、写真7万5千枚とビデオ2千本を見ることができるようになると語る。「今年1月のテスト運営の際にどのような物資が必要でどれ位時間がかかるのか試すことができました。」前述のナポレオーネ氏は語る。

ネット版展示会への出展は、通常の展示会への出展料に含まれることになる。「今まで私たちはこの4年間出展料金を変えることなく運営してきました。この際に出展料金を値上げするとともに、ネット版展示会への出展料もそれに含めることにしました。」とナポレオーネ氏は語る。出展料は前年に比べて10%値上げし、1平方メートル240ユーロとなる。

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com

展示会
新規登録