×
132
求人
SHISEIDO
E-Commerce Director
正社員 · Tokyo
TOMORROWLAND
システムエンジニア
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
卸営業
正社員 · 東京都
SAZABY LEAGUE, LTD. LITTLE LEAGUE COMPANY
経理
正社員 · 東京都
CANADA GOOSE
Financial Planning & Analysis Manager
正社員 · 東京都
SHISEIDO
Manager, Global Procurement Excellence Group
正社員 · Tokyo
AESOP
HR Operations Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Lead For Marketing (Gbsl - Ctm)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Global Business Solution Expert For Otc
正社員 · Tokyo
AESOP
CRM Coordinator
正社員 · Tokyo
AESOP
Accounting Manager (アカウンティング マネージャー)
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Logistics Service Group, Global Logistics Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Associate Brand Manager, Product Innovation Group, Elixir Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Business Intelligence & Strategy Analyst / Manager
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Area Manager, Strategy & Business Development, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Group Manager, Safety Group, Safety, Quality & Sustainability Dept
正社員 · Tokyo
AESOP
Senior Art Director - シニアアートディレクター
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager (China), Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Trade Marketing - Area Manager, Shiseido Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
PUMA
Assistant Sport Marketing Executive
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Accounting Manager, Finance Accounting Dept
正社員 · Tokyo
SHISEIDO
Regional Business Development Staff, Cle de Peau Beaute Global Brand Unit
正社員 · Tokyo
By
fashionsnap
掲載日
2022/07/06
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

ハイファッションへの入り口目指す、服飾団体顧問の一法師拓門が手掛ける「シェーヌ プロジェクト」がデビュー

By
fashionsnap
掲載日
2022/07/06

 一法師拓門がクリエイティブディレクターを務めるファッションブランド「シェーヌ プロジェクト(Chaine-project-)」が2023年春夏プレコレクションでデビューした。「より多くの人にデザイナーズブランドの服を楽しんでもらうこと」をテーマに、クラシックながら遊び心を備えたアイテムを手の届きやすい価格で展開する。



 クリエイティブディレクターの一法師は、「ユウキ ハシモト(YUKI HASHIMOTO)」を手掛ける橋本祐樹に師事した後、外資系ラグジュアリーブランドでデザイナーを担当。2021年にはデザイン事務所コンセピオン(ConcePione)を設立し、現在は青山学院大学公認の服飾団体「Aoyama Fashion Association(AFA)」で顧問も務めている。一法師は「これまで自分が手掛けてきた服はどれも単価が高く、展示会に友人を呼んでも手が届かないことが多かった」とし、「より多くの人にデザイナーズブランドの服を楽しんでほしい」という想いからシェーヌ プロジェクトを立ち上げた。

 同ブランドの価格帯はジャケットで4万円台、ニット製品で2〜3万円ほど。生地の大半はメイドインジャパンのもので、縫製も全て日本で行っている。ブランドコンセプトに共感した大手OEM会社からバックアップを受け、ブランドオリジナルのスナップボタンを採用するなど細部までこだわりながら、手に取りやすい価格を実現したという。

 デビューコレクションのテーマは「アーバンガーデン」。都会に作られた公園の「人工的な自然」から着想を得て、各部にジップやパッチをあしらい「継ぎ接ぎ感、ハリボテ感」を表現した。一法師は「デザイナーズブランドはコレクションのテーマや世界観を設定することが多い。手に取りやすい価格帯のブランドとはいえそういった部分は変えたくないので、服にストーリー性を持たせることを意識してデザインをしている」と話す。

 ファーストコレクションでは、ジップによって着丈を短くできるダブルブレストジャケットや、前立てを取り外すことでボタンなしで着用できるマウンテンパーカなど、ジップやボタンでシルエットを変更できるアイテムが目立つ。一法師は「実際にその機能を使うかということよりも、色んな着方ができるワクワク感を感じてもらえたら」とデザインの意図を説明した。

 今後は大手セレクトショップや百貨店での卸売など、ブランドを全国に普及させることを目標としながらも、目的はあくまで「ファッションに興味を持つ人口を増やすこと」だという。「ファストファッションの流行で、表面的にしかファッションを楽しめない人が増えたように感じる。これまでファストファッションで十分と考えていた人がデザイナーズブランドに興味を持つ、ハイファッションへの入り口のようなブランドになれたら」と展望を語った。

 

Copyright © 2022 Fashionsnap. All rights reserved.