ハリー・ウィンストン新店舗が新宿にオープン、リリークラスターコレクション新作を世界先行発売

 「ハリー・ウィンストン(Harry Winston)」が、新宿エリア初の店舗を伊勢丹新宿店本館に隣接する三井住友銀行 新宿通支店の隣に出店する。オープン日は8月22日。

「リリークラスター・ペンダント」(税別予定価格88万円)- Image: ハリー・ウィンストン

 店舗面積は約100平方メートル。ブランドの象徴であるニューヨーク五番街の本店のデザインを取り入れた淡いトープとグレーカラーをメインに採用し、黒漆やアンティークブロンズカラーで仕上げた特注の家具やシャンデリアを店内に設置する。壁には手作業でビーズを散りばめ、ブランドの世界観を表現するという。
 
 商品は、ダイヤモンドを使用したエンゲージメントリングやウェディングリングといったブライダルコレクションをはじめ、ハイジュエリーや時計、アイコニックなダイヤモンドジュエリーなどを展開。オープンを記念して、同ブランドの人気コレクションの一つである「リリークラスター」から、ローズゴールド製のペンダント(88万円/税別予定価格)30点を世界先行発売する。
 
 ハリー・ウィンストン社CEOのナイラ・ハイエック氏は「日本はラグジュアリーブランド市場において大きな影響力を持ち、またさらなる発展が期待できるマーケットのひとつです。日本での存在感をより強め、多くの皆様のご要望にお応えすることは、ハリー・ウィンストンにとって非常に重要であると考えています」とコメントしている。

 

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - アクセサリー・雑貨宝飾品・貴金属リテール
新規登録