バニーガール姿のケイト・モス 米Playboy誌の表紙を飾る

 スーパーモデルKate Moss(ケイト・モス)が、米Playboy誌の2014年1月号の表紙にバニーガール姿で登場した。黒いレオタードにウサギの耳、白い襟や尾のバニーガール衣装に加え、足元には「Saint Laurent(サンローラン)」を着用。2014年1月号は12月27日に発売される。


 メンズマガジンPlayboyは、Hugh Hefner(ヒュー・ヘフナー)により1953年に創刊された。60周年を記念したメモリアルイシューの表紙に起用されたKate Mossは2014年1月に40歳の誕生日を迎えることから、海外ではかねてから記念すべきグラビア撮影になると話題になっていた。撮影は、気鋭ユニットフォトユニットMert Alas & Marcus Piggott(マート・アトラス&マーカス・ピゴー)が担当。誌面ではKate Mossのインタビューなども掲載されるという。

 Kate Mossが着用しているパンプスは、「Saint Laurent」のアイコニックなアイテムであるParis Escarpins(パリ・エスカルパン)。ブランドを象徴するヒールパンプスで、イタリアで製作されている。ヒールの高さは4種類あり、ブラック以外にも様々なカラーを展開している。価格は86,100円。

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

ラグジュアリー - その他メディア
新規登録