パリの合同展Manが国内初開催 期間限定店がエディフィスに

 パリ発のメンズ合同展示会「Man(マン)」が7月29日に日本初上陸する。「Man Tokoyo 2015 Spring-Summer」と題して、明治記念館を会場にパリ発の「Commune De Paris(コミューン ドゥ パリ)」や韓国発の「Drink Beer Save Water(ドリンクビールセイブウォーター)」など約50ブランドが出展。期間は8月1日までで、7月25日からÉdifice Tokyo(エディフィス 東京)では、ポップアップイベント「Man pop up stand in Édifice」も開催される。


 「Man」は、パリの合同展示会「Capsule(カプセル)」や「Rendez Vous(ランデ ヴー)」の立ち上げ、プロデュースを手がけたAntoine Floch(アントワーヌ・フロッ シュ)が、Romain Bernardie-James(ロマン・ベルナーディ=ジェームス)とOlivier Migda(オリビエ・ミグダ)とタッグを組んでスタートさせた合同展。現在パリとニューヨークで開催しており、「Man Tokyo」は年2回の実施を予定。ヨーロッパやアメリカ、アジアを中継するインフラとして機能させていくことを目指すという。

 「Man Tokyo」には「Lotuff Leather」や「No. 288」、「Mismo」など約50ブランドが参加。国内からは、「nonnative(ノンネイティブ)」や「giuliano Fujiwara(ジュリアーノ・フジワラ)」のクリエイティブディレクターを務めていた松村正大が手がける新ブランド「Pine(パイン)」などが出展する。

 Édifice Tokyoでは、「Man」の初上陸を記念してポップアップイベント「Man pop up stand in ÉDIFICE」を開催。アーティストとのコラボレーションアイテムの一部を展示するほか、「Édifice」とコラボレーションした限定Tシャツも販売される。


■MAN TOKOYO 2015 Spring-Summer

 会期:2014年7月29日〜8月1日
 時間:10時〜18時/8月1日 10時〜15時
 会場:明治記念館 東京都港区元赤坂2-2-23

■MAN pop up stand in ÉDIFICE

 会期:2014年7月25日〜8月3日
 会場:ÉDIFICE TOKYO 東京都渋谷区神宮前6-23-3

Copyright © 2019 Fashionsnap. All rights reserved.

展示会
新規登録