×
489
求人
SHIPS
経理担当
正社員 · 東京都
SHIPS
デジタルマーケティング部門 Web担当スタッフ
正社員 · 東京都
COACH
Manager, Retail Customer Engagement (Tapestry)
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Marketing&Operation Specialist
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Vogue Digital Creative Producer
正社員 · 東京
BARNEYS NEW YORK
【正】総務スタッフ:本社
正社員 · 東京
コンデナスト・ジャパン
Digital ad Operation Specialist
正社員 · 東京
AESOP
Retail Training & Performance Manager
正社員 · 東京
株式会社サザビーリーグ
販売促進担当(セールスプロモーション担当)Artida Oud(アルティーダ ウード) 
正社員 · 東京
L’ORÉAL GROUP
Japan Group/Senior Product Manager (Ppd, l'Oreal Professionnel)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan CRM Operation Specialist (Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
L’ORÉAL GROUP
Japan Brand E-Business Shop-iN-Shop Project Manager(Luxe, Digital)
正社員 · Tokyo
BAYCREW'S GROUP
マーケティング担当(メール/Sns、自社、業界最大級のEcサイト)
正社員 · 東京
AESOP
Marketing Coordinator
正社員 · 東京
CHRISTIAN DIOR
Supply Chain Assistant Manager
正社員 · 東京
AESOP
Hrコーディネーター(採用中心)
正社員 · 東京
HUBLOT
PR&ad Manager
正社員 · 東京
LVMH WATCH & JEWELRY JAPAN
ロジスティクス プロダクツオペレーション リーダー
正社員 · 東京
ステラ マッカートニー
Logistics Assistant (Import/Export Coordinator)
正社員 · 東京
GUCCI
Financial Controller
正社員 · 東京
KERING
Kering Store Planning Project Coordinator
正社員 · 東京
ヴァンドーム青山
販促物企画・制作(正社員)
正社員 · 東京

パリの「ラ サマリテーヌ」百貨店が来春開業

掲載日
today 2019/11/20
シェアする
ダウンロード
記事をダウンロードする
印刷
印刷
テキストサイズ
aA+ aA-

  LVMHグループによるパリのデパート「ラ サマリテーヌ(La Samaritaine)」の一大改修プロジェクトがようやく完了する。来年春の開業を目指しており、百貨店はもちろん、ラグジュアリーホテル、オフィススペースなども併設される。

「ラ サマリテーヌ」百貨店 - Pierre-Olivier Deschamps


  ポンヌフ橋の右岸側サマリテーヌ百貨店には、20年近い歳月と7億5000万ユーロ(約902億400万円)相当の予算が費やされてきた。リローンチ後は、2万平米の百貨店のほか、グループの高級ホテルチェーン「Cheval Blanc」もオープンする。建築家ピーター・マリノ(Peter Marino)とタッグを組んだホテルは全72室で、一泊1500ユーロ(約18万円)からという価格設定になっている。また、96室に及ぶ一般向けアパートや、2階建ての託児所も設置されるという。
 
 「ラ サマリテーヌ」百貨店は1870年にコニャック=ジェイ(Cognacq-Jay)家が創設した老舗で、2001年にLVMHグループが取得した。その3年後に建物を全て閉鎖したが、アスベストをはじめ様々な課題もあり、調整を重ねて最終的に着工できたのは2015年になってからだ。

 「アーネスト・コニャックとマリー=ルイーズ・ジェイ夫妻は、『絶え間ない前進』を百貨店や財団のモットーにしていました。我々が今日やっていることも、彼らの意志を受け継いだものであると言えるでしょう。そして、明日の『サマリテーヌ』は今までよりさらに美しいはずです」とLVMHのベルナール・アルノー(Bernard Arnault)CEO。

百貨店の内部 - Photo: Pierre-Olivier Deschamps at Agence Vu' for La Samaritaine


   「Cheval Blanc」ホテルの入る南棟はアールデコ様式、そして百貨店側は典型的なアールヌーボー建築となっている。当時の著名な建築家、フランツ・ジュルダン(Frantz Jourdain)が設計した百貨店は、鉄製の手すり、孔雀や豹を描いた豪奢なフラスコ画にモザイク、ガラスのファサードといった要素が目を引く。メインの建物の一部は一般のアパートメントになっており、北側はガラスでできた現代的なビルだ。
 
 「スペースを賢く活用し、複数のコミュニティーが多様な目的で柔軟に使うことのできる建物が未来の都市には求められています。『サマリテーヌ』の複合的なプロジェクトは好例でしょう」とジャン=ジャック・ギオニ(Jean-Jacques Guiony)LVMHファイナンシャルディレクターおよび「ラ サマリテーヌ」代表取締役社長兼CEO。メディア向け発表会では、ほぼ完成した施設が披露された。
 
 1区の東側にあるこの地区は、他にも商業複合施設「レアール(Les Halles)」とサントゥスタッシュ教会前公園のリノベーションや、ケリング(Kering)オーナーのピノー財団がパリ商品取引所(Bourse de Commerce)を安藤忠雄建築の現代アート美術館として蘇らせた「Collection Pinault」など、様々な事業が行われている。ちなみに、「Collection Pinault」は来年5月半ばにオープン予定だ。

 
 「ラ サマリテーヌ」の運営はグループ傘下の免税ショップチェーン「DFS」が担う。DFSのエレオノール・ドゥ・ボワソン(Eléonore de Boysson)ヨーロッパ・中東ディレクターは、「パリの魂の一部がこの場所には宿っています。だからこそ、他にはない体験を提供したいと思いました。パリ最小のデパートであると同時に、最大のコンセプトストアでもあるんです」と話した。「ラ サマリテーヌ」には約600ブランドが揃い、うち40ブランドが同店での限定販売となる。化粧品売場は3000平米とヨーロッパ最大級の売り場面積を誇り、食品やキッズウェアの売場は省いた。また、リヴォリ通りに面した建物はストリートウェアやライフスタイルブランドにフォーカスする予定で、妹島和世と西沢立衛のSANAAが設計を手掛けた。
 
 ホテル側にはギフトストアや300平米のVIPスペース、5階に12軒のレストランを備える。

リヴォリ通り側の建物- Photo: Pierre-Olivier Deschamps at Agence Vu' for La Samaritaine


 「Cheval Blanc」ホテルは、すでにクールシュヴェル、サントロペといったフランス本土や、カリブ海の仏領サン・バルテルミー島などでも展開。ホテル事業はLVMグループの中でも伸びている今年春にはベルモンド(Belmond)を取得し、LVMHのホテル事業がますます加速している。傘下の「ブルガリ(Bulgari)」ホテルは、ミラノ、バリ、ロンドン、北京、上海に加え、パリ、モスクワ、東京にも今後2022年までに開業予定だ。
 
 今回の「Cheval Blanc」パリについて、オリヴィエ・ルフェーヴル(Olivier Lefebvre)CEOは、「フランス流のおもてなしに力を入れました。現在の大手ホテルグループはアングロサクソンやアジア系が主流です。ですから、これが大きな違いですね。フランス風のレジデンシャルホテルになります」と話す。
 
 モンマルトルまで一望できるプールに、「ディオール(Dior)」のカスタマイズスパも併設。客室の広さは45平米からとなっている。
 
 「ラ サマリテーヌ」複合施設は、全体で2300人の雇用を創出するという。
 
 
(2019年11月20日現在、1ユーロ=120円で換算)

不許複製・禁無断転載
© 2019 FashionNetwork.com